治験バイト募集

効果や副作用をiPS細胞で

治験(臨床試験)の効率化

  1. 治験バイト募集
  2. 武田薬品と京都大学が連携

治験の安全性も向上


効果や副作用をiPS細胞で


武田薬品工業が京都大学iPS細胞研究所との連携を発表しましたね。

社長兼最高経営責任者が会見していました。

理由は研究開発の効率向上です。

分かりやすくいえば、治験(臨床試験)の効率化です。

時間も費用も。

武田薬品のの研究開発費は2014年度までの過去3年で約1兆円だそうです。

年間3,333億円。

スゴイ費用ですね。

でもそうまでしないと新しい薬は開発できないってことです。

時間的なことでは、新しい薬を作るには9年以上もかかります。
(日本製薬工業協会発表)

しかも成功率は成功確率は3万分の1程度。

どれだけの失敗を繰り返して発売までこぎつけるのか、気が遠くなるような話しです。

もちろん人間に対して治験を行う段階では、マウスなどの動物で、副作用や危険性がほとんどないくらいに研究が進んでからです。

人間相手に3万分の1の確率で治験をやられたら、死亡事故が多発してしまいますから。

とはいえ、動物で目立った副作用がなくても、人間には副作用がでる場合があります。

だから、ある程度安全が証明されたら治験を行うわけです。

ただ、武田薬品が着目したのはこの逆です。

「動物に効果がなくても人間には効果があるものがあるはず」というところ。

今までは動物で確認していた効果や副作用をiPS細胞で治験前に確認するということです。

そこで安全性を確認できれば、治験後の副作用の発生を減らせるので、動物で研究するよりはるかに進歩が期待できるというわけです。

ノーベル賞を受賞した、京大iPS細胞研の山中伸弥教授も、「ネズミに効かなくても、人間に効く薬はたくさんあるはず」と言っています。

これは動物の段階でダメだと判断されていたものが、違う結果を生むことになります。

さらなる医療の発展に期待したいですね。

そして、治験がより安全になって、多くの人が参加すればさらに進歩は早まるはずです。
(今でも治験の安全性には細心の注意がされています。)

武田薬品工業さんだけじゃないですが、がんばっていただきたいものです。

安心して申し込める治験アルバイトの情報サイト


量も質もGOOD!人気の治験バイト情報サイト。
登録無料で無茶な勧誘は一切なしです。

   ↓     ↓     ↓



無料登録するだけで、治験バイトの最新情報がもらえる!
優良情報満載です。

   ↓     ↓     ↓



最新の治療が受けられる!いつまでも治らないニキビにお悩みの方に。
   ↓     ↓     ↓



すでに高血圧などの疾患でお悩みの方治療費が実質無料です。
   ↓     ↓     ↓



※どのサイトも登録をしてもバイトするかどうかは自由だから安心です。