治験バイト募集

治験バイトQ&A

基本的なこと編

  1. 治験バイト募集
  2. 治験についての質問
  3. 基本的なこと

Q1 治験ボランティアと治験アルバイトの違いは?


治験はボランティアであって治験のアルバイトではないというのが正しい考え方のようです。

このサイトもそうですが、アルバイトと書かれていることも多いのは、負担軽減費(治験協力費)という謝礼が受け取れることが多いことに由来していると思います。

負担軽減費は法的に見ても、アルバイト代とは違うもので、報酬という扱いではありません。

なぜ、お金が支払われるかというと、時間的な拘束であったり、交通費であったりと参加者の負担を少しでも減らすということが目的で支払われています。

また、治験は新薬の開発等、社会貢献度も高いので、やはりボランティアと捉えるのがいいですね。

Q2 友だちから人体実験でしょって言われましたが・・・


治験は人体実験とは全然違います。

治験は強制されることのない自由参加(参加者の意思による)です。

一方、人体実験は医学の進歩につながったものもあるかもしれませんが、個人の意思に関係なく強制的に行われたり、内容などを偽って行われるなど、否定的な意味で使われる言葉だと思います。

治験は完全にルールに沿って行われるもので、医師や治験コーディネーター(CRC)からの説明もありますし、参加するのもしないのも、自由意思です。

また、国際的に定められたGCP(医薬品の臨床試験の実施に関する基準)のルールにより、IRB(治験審査委員会)を開催することが義務付けられています。

Q3 治験に参加する一番のメリットは?


人によって価値観が違うので、どれが一番というのはありません。

しかし、一般的なメリットとしては次のようなものが上げられます。

・通常の治療より詳しい検査を行い、綿密な治療を受ける事ができる
・最新の治療が受けられる
・費用の負担がない、または抑えられる
・新薬の開発に携わったり、データの提供をするので、社会貢献度が高い
・負担軽減費がもらえる

他にもありますが、こんなところだと思います。

Q4 ではデメリットは?


受ける治験にもよりますが、副作用の危険があります。

これは新薬だから危険度が高いと言っているわけではなく、どんな薬でも副作用の危険があるということです。

頭痛の薬や風邪薬でも、眠たくなったり、胃が痛くなったりということがありますよね。

治験で使う新薬もすでに、国の基準に沿って、参加者の安全にじゅうぶん考慮したものです。

事前に生体への安全性を確認して、問題ないとされるものが使われます。

また、治験の実験計画書には、万が一副作用があったときの対応も書かれているのが普通です。

もちろん説明などを受けた後に、やっぱり恐いからやめるというのも参加者の自由意思です。

安心して申し込める治験アルバイトの情報サイト


量も質もGOOD!人気の治験バイト情報サイト。
登録無料で無茶な勧誘は一切なしです。

   ↓     ↓     ↓



無料登録するだけで、治験バイトの最新情報がもらえる!
優良情報満載です。

   ↓     ↓     ↓



最新の治療が受けられる!いつまでも治らないニキビにお悩みの方に。
   ↓     ↓     ↓



すでに高血圧などの疾患でお悩みの方治療費が実質無料です。
   ↓     ↓     ↓



※どのサイトも登録をしてもバイトするかどうかは自由だから安心です。