治験バイトメイン

治験バイトは社会貢献できる高収入のバイト

アルバイト・ボランティア・モニター

  1. 治験バイト募集
  2. そもそも治験って?

治験


略して治験

「治験」は「ちけん」と読みます。

元々は、「治療の臨床試験」の略だと言われています。

新しい薬を開発するには国で定められたことを行わないとダメなんです。

国の承認を得るために臨床試験を行って、マウスや様々な検査をクリアした後に人間でも大丈夫となった段階で、実際に治療を兼ねて試験することを「治験(ちけん)」って言います。

どこでするの?

治験は病院でやります。

種類は様々で通院だけで行うももあれば、数日間の入院から長期入院までいろんな治験があります。
新薬の開発はこの治験を行わないと次のステップに行くことができないので、治験に参加することはすごく大きな社会貢献活動と言えるのです。

ちょっと話がそれるけど、高額の報酬までもらえます。

治験は本来「アルバイト」とは言いません。「ボランティア」とか「モニター」という呼び方が多いです。
なので、バイト代や報酬とは言わず、「負担軽減費」と呼ばれます。

ちょっとまどろっこしいですが、堅い堅いものなのです。それはそうですよね。人体で試験をするんですから、そうでないと困るんです。

そして治験はどんな病院でもできるものではないんですよ。

またちょっと堅いですが、「医薬品の臨床試験の実施の基準に関する省令(GCP)」っていうのの要件をクリアしてる病院だけができるんです。

その条件は

「医療設備が充分に整っていること」「責任を持って治験を実施する医師、看護師、薬剤師等がそろっていること」「緊急の場合には直ちに必要な治療、処置が行えること」

などなど。

見張り役もいます

治験には治験実施計画書っていうのが必要で、それを「治験審査委員会」というのがあるんです。

まぁ簡単にいうと好き勝手なことはダメです、ちゃんと見てますよっていう委員会ですね。

柔道連盟が変なことになったのもこうやって見張られてる感じじゃなくて、好き勝手やってたんでしょうね~。

この審査はお医者さんはちゃんとした人でその治験に適切なお医者さんかどうか、バイト(ボランティア)に来てくれた人に内容をきちんと説明しているかっていうのを見てくれます。

病院はこの審査委員会の言うことを聞かないといけないのです。
だから無茶なことはなくて安心なんですよ。

嫌ならやめてもいいんです。

いくら安心といってもまだ認可されていない療法などで治験するのですから、多少ビビったりしますよね。
(逆にいえば最新の治療法ってことだけど)

だから、説明を受けた後でも断れるルールになっているんです。
治験は受ける人に文書で目的や方法、期待される効果、予測される副作用などの不利益などを説明して同意を得なければダメなんです。

これはいつでもやめていいってことですよ。
急に不安になったりしたら、遠慮せずに中止したり、もっと詳しい説明をしてもらってくださいね。

安心して申し込める治験アルバイトの情報サイト

無料登録するだけで、最新情報がもらえる!優良情報満載です。
          ↓     ↓     ↓



すでに高血圧などの疾患でお悩みの方治療費が実質無料です。
          ↓     ↓     ↓



有料登録制の高額報酬治験バイトです。会員登録なしで報酬の目安が見れます。
          ↓     ↓     ↓



※どのサイトも登録をしてもバイトするかどうかは自由だから安心です。