治験バイトメイン

治験バイトに関する記事

朝日新聞

  1. 治験バイト募集
  2. 治験バイト関連記事

医師ら報酬2400万円を全額受領 治験データ改ざん


朝日新聞デジタル 7月1日(月)8時8分配信

 肥満症改善薬の臨床試験(治験)をめぐり、被験者4人の身長が実際より低く記録されたデータ改ざん疑惑で、治験を実施した大阪市の病院が計2460万円を製薬会社側から治験関連費用として受け取り、病院内部の処理でこのほぼ全額が治験を担当した医師2人の収入になっていたことが朝日新聞の調べでわかった。

 病院に残されたのは3万円余りで、医師2人は昨年、病院を退職した。病院関係者は「院内の設備や職員を使って治験を実施したのに、通常はあり得ないことだ」と問題視している。

 治験は製薬大手「小林製薬」(本社・大阪市)の依頼を受け、医療法人大鵬(たいほう)会「千本(せんぼん)病院」(同市西成区)が2010年4月から実施した。治験責任医師は当時の内科部長(43)で、当時の院長(45)も業務の一部を分担した。治験の契約は病院名で結ばれた。

 朝日新聞が入手した内部資料によると、千本病院は10年4月~12年2月、治験業務を補助していた大手の治験施設支援機関「サイトサポート・インスティテュート」(SSI、本社・東京都)から数回にわけて総額2460万円の振り込み入金を受けた。これらは小林製薬がSSIに支払った費用の一部とされる。

 入金のうち元内科部長に計2154万円、元院長に計245万円が支払われた。看護師1人にも57万円がわたっていた。病院関係者によると、この看護師は「被験者が足りない」として職員を治験に誘うなど、治験業務の一部に関わっていたという。

その後に出た産経ニュース
msnの産経ニュースの記事はこちら

安心して申し込める治験アルバイトの情報サイト

無料登録するだけで、最新情報がもらえる!優良情報満載です。
          ↓     ↓     ↓



すでに高血圧などの疾患でお悩みの方治療費が実質無料です。
          ↓     ↓     ↓



有料登録制の高額報酬治験バイトです。会員登録なしで報酬の目安が見れます。
          ↓     ↓     ↓



※どのサイトも登録をしてもバイトするかどうかは自由だから安心です。