治験バイトメイン

募集から実施まで

ある程度の流れを知っておこう

  1. 治験バイト募集
  2. 募集から実施まで

一般的な流れ


1.治験サイトに登録する

まずは登録してい情報を見ないと始まりません。

登録はほとんど無料のところが多いです。

まれに有料のところもありますが、まずは無料のところで登録することをオススメします。

【JCVNの治験ボランティアに登録したら】
関東にお住まいの方人は30日以内の説明会予約がおススメ。
もし、自分に合う治験を見つけて「あっ!このバイトやろう」って思った時にすぐに予約の手続きができるので。
説明会のスケジュールはこちら(ログイン後に見てください)

関西や福岡などその他の地域の方は本登録まで進んでおくと、「いざやろう」っていう時の手続きか早いですよ。
本登録はこちら(ログイン後に見てください)


2.情報が届きます

登録すると見れる内容が増えます。より具体的な内容が表紙されるページに入れます。

メルマガなどに登録すると、最新の情報をメールで届けてくれるサイトも多いですので、登録しておくといいと思います。


3.選ぶ

自分の住む地域でどのような治験があるのかを見て選びましょう。

時間や日数、内容など、無理してやろうとすると後で後悔することになるので、無理なく参加できるのを探しましょう。

タイミングが悪く、あまり自分に合うものがなければ、無理せず次の情報を待つのが無難です。

地域はやっぱり東京をはじめとする関東に集中しているのが現状です。


4.申し込む

「これだ!」っていうのがあれば、申し込みましょう。

申し込んだから必ず受けなければならないというわけではありませんので、安心して申し込めます。

逆に申し込んだから必ず受けられるわけはないことも承知しておいてください。


5.実施機関へ出向く

メールなどで事前検査の具体的な日時などが届くと思います。

それに従って実施機関へ行くと、さらに具体的な治験の説明があります。

また、あなたが治験を受けるのに適しているか、要領を満たしているか判断するための事前診断などがあるものも多いです。


6.同意書

治験の方法やリスクなど詳しい説明を受けて、参加すると決定されれば、同意書にサインします。

この同意書にサインしても必ず治験を受けなければならないということではありません。

いつでも辞めることができます。
(一応実施機関でも確認しておくとよいと思います。)


7.治験を受ける

実施機関の指示に従って、治験が実施されます。

実施機関にとって治験に参加してもらう方は「ありがたい存在」なので、ほとんどの場合手厚く対応してもらえると思います。


8.謝金を受け取る

一応ボランティアという扱いなので、バイト代とか謝金ではなく、「負担軽減費」という名目でもらうのが最近では多いようです。


9.終了

治験終了後、万が一にも体調の不良などが起こったら、すぐに相談しましょう。

この辺も治験の説明の際に事細かく教えてくれるはずです。

以上で終了です。

お疲れさまでした。

安心して申し込める治験アルバイトの情報サイト

無料登録するだけで、最新情報がもらえる!優良情報満載です。
          ↓     ↓     ↓



すでに高血圧などの疾患でお悩みの方治療費が実質無料です。
          ↓     ↓     ↓



有料登録制の高額報酬治験バイトです。会員登録なしで報酬の目安が見れます。
          ↓     ↓     ↓



※どのサイトも登録をしてもバイトするかどうかは自由だから安心です。