治験バイト募集

ドラマにもチョコチョコ

治験の話題

  1. 治験バイト募集
  2. 医龍4

治験を待つ患者さん


たぶん本当んこんなこともあるかと思う


医龍4で治験の話題 大ヒットドラマ「医龍シリーズ」のパート4、面白いですよね。

もともと、お医者さん系のドラマは好きで良く見るんですが、第二話で治験の話題がちょいちょい出てるので、ご紹介です。

上手に説明ができるか分かりませんが、だいたいこんな感じです。

佐々木蔵之介さん演じる内科医の藤吉先生は、最先端医療である心筋シートの研究を行いながら拡張型心筋症を患っている6歳少女の治療をしていました。

しかし、少女の命は何もしなければ、心筋シートが使えるまでもたないという状況。

ここで治験の話題。

「治験が終わって使えるようになるまで最低2年」っていうセリフだったと思うけど、藤吉先生のセリフ。

そこで、難手術ではあるけれども、チームドラゴンなら何とかなるっていういつもの医龍パターン。

でもいくつかのことから、通常の外科的な手術ができない(何やら薬品が使えないとか何とか・・・)って分かると、藤吉先生は厚生労働省にすぐに心筋シートを使えるようにしてくれと頼みに行くが、お役人さんは、手順を踏まないとできないと却下。
(ある意味これも理解できますけどね。)

で、藤吉先生は日本より治験のスピードの速いアメリカに渡って、心筋シートを使えるようにする方法を模索しようとするけど、少女の様態が急変してさぁどうするんだって感じで第二話終了。

たぶんこんな感じ。

日本より治験のスピードが速いのはアメリカのみならず、いくつもの医療先進国ではそうみたい。

逆に考えれば、日本は慎重とも言えるけど。

それにしてもやっぱり治験は重要なんだと、再認識したような・・・。

だから治験バイトは目当てがお金だろうが、暇つぶしだろうが、すごーく重要な手順だよね。

これからも、時間があれば参加する治験を探そうと、再度思った日でした。

つたない説明で分かりづらいと思いますが、たぶんDVDとかオンデマンドで見れるようになると思うので、時間のある方で興味があれば、是非見てください。

医龍、面白いです。


安心して申し込める治験アルバイトの情報サイト

無料登録するだけで、最新情報がもらえる!優良情報満載です。
          ↓     ↓     ↓



すでに高血圧などの疾患でお悩みの方治療費が実質無料です。
          ↓     ↓     ↓



有料登録制の高額報酬治験バイトです。会員登録なしで報酬の目安が見れます。
          ↓     ↓     ↓



※どのサイトも登録をしてもバイトするかどうかは自由だから安心です。