治験バイト募集

治験バイト 慢性腰痛の男女

新薬モニター : 飲み薬・注射剤

  1. 治験バイト募集
  2. 地域別治験バイト
  3. 大阪府
  4. SS1714

慢性腰痛の成人男女(飲み薬・注射剤)

実施地域 大阪府(兵庫県、静岡県、福岡県でもあります。)
報酬(給料) 登録後に分かります
健康診断実施日
(事前診断)
個々の日程によって違います。
モニター期間 約21ヶ月間に14回程度の通院
モニター日程 個々のスケジュールによって違います。
※日程は医療機関担当者とご相談の上決めていただきます。
モニター品目 飲み薬・注射剤
参加資格 他 ・慢性腰痛症の診断がある方 ・腰痛の強い痛みが3ヶ月以上ある方  ※痛み止めを服用しても痛みが強い方が対象 ・治験期間中、許可された痛み止めを除き、全ての鎮痛薬の使用を中止できる方 ・保険証をお持ちの方 ・治験参加中、痛みのアンケートにご協力いただける方
・日本国籍のハーフやクォーターでない方
・健康診断の結果がこの治験の参加に適格と判断された方
・健康診断時の事前説明で治験の内容を理解して、治験参加に同意される方 他

【参加できない方】
・BMIが39を超える方
・2年以内に腰仙の神経根障害,神経障害を伴う脊柱管狭窄,または神経性跛行の既往歴・合併症を有する方
・6ヶ月以内の脊椎骨折,外傷後脊椎すべり症などの大きな外傷による背部痛を有する方
・6ヶ月以内に腰痛治療の手術として椎間板切除,神経焼灼術,椎体形成術または高周波椎間板減圧術を受けた方
・慢性腰痛またはその他の疼痛症状に関する労働災害補償,訴訟,就労不能などの金銭的調停が進行中または未解決である,あるいは過去5年以内に解決した訴訟がある方
・慢性腰痛症の痛みの評価に影響のある,線維筋痛症,内臓痛(例:子宮内膜症)による背部痛またはその他の疼痛を有する方
・脊椎に影響を及ぼす可能性のある炎症性関節症(例:血清反応陰性脊椎関節症[強直性脊椎炎]、関節リウマチ、脊髄の感染または腫瘍、あるいは脊椎、骨盤または大腿骨のページェット病など)の既往歴・合併症を有する方
・骨壊死や骨粗しょう症が原因と考えられる骨折の既往歴・合併症を有する方
・1年以内の膝関節・股関節及び肩関節への外傷または外科手術を有する方
・治験期間中に外科手術、手術治療の予定がある方
・手術に適さない方、関節全置換術が推奨されるが、実施を望まない方
・アセトアミノフェンまたは、それらの賦形剤への不耐性または過敏症のある方、使用が禁忌の方
・6ヶ月以内の虚血性心疾患、冠動脈疾患手術またはステント留置(術)、うっ血性心不全、左室機能不全、心筋症、心筋炎を有する方(※心ブロックの既往があり現在はペースメーカーにより心機能がコントロールされている方は除く)
・6ヶ月以内に一過性脳虚血発作と診断された方または後遺症の残る脳卒中と診断された方
・1年以内の手根管症候群症状の兆候、また既往歴・合併症をお持ちの方
・1年以内に頭部外傷がある方
・2年以内に発作の既往歴、てんかんの症状がある方
・2年以内に既知のアルコール、鎮痛薬または麻薬の乱用歴を有する方
・5年以内に癌の既往歴・合併症のある方
・アルツハイマー病、認知症、末梢性または自律神経性ニューロパチー、多発性硬化症、筋疾患、精神病性障害、身体表現性障害、双極性障害の既往歴・合併症のある方
・安静時の座位血圧が、収縮期血圧(上)で160mmHg以上または拡張期血圧(下)で100mmHg以上の方
・現在B型肝炎、C型肝炎またはヒト免疫不全ウイルス(HIV)の感染が示唆される方
・女性の方で、妊娠中もしくは妊娠が疑われる方、妊娠希望・授乳中の方、またそのパートナーの方(男性)
・その他この治験に不適当な疾患等を有する方 他
詳細掲載サイト 治験情報V-NET
(コード:SS1714)

安心して申し込める治験アルバイトの情報サイト


量も質もGOOD!人気の治験バイト情報サイト。
登録無料で無茶な勧誘は一切なしです。

   ↓     ↓     ↓



無料登録するだけで、治験バイトの最新情報がもらえる!
優良情報満載です。

   ↓     ↓     ↓



最新の治療が受けられる!いつまでも治らないニキビにお悩みの方に。
   ↓     ↓     ↓



すでに高血圧などの疾患でお悩みの方治療費が実質無料です。
   ↓     ↓     ↓



※どのサイトも登録をしてもバイトするかどうかは自由だから安心です。

治験に関する記事

治験のバイトを受ける受けないは別にして理解を深めてもらえるように、治験に関する記事をピックアップして紹介しています。


直接は治験の募集に関係のないこともあります。


ですが、いろんな視点から治験について見てもらえると、自分に合う募集に対して実際に応募したり、参加することを周囲に説明したりする時に役に立つのではないかと思います。